Home    

振袖に合う小物

実は面白い歴史が存在している振り袖です。元々は祭事の時に踊り子が身に付けた衣服が振り袖だったのです。その踊りのシーンで感情を豊かに表現するべく、袖の部分が長大に取られているのです。その袖を振り動かして踊り手の感情を表しました。袖を振り動かして愛情表現をしたその行為が、恋愛時の振る・振られると言う言葉に進化発展したと言われています。
あらゆるアイデアが試みられている最近の振り袖です。ハート模様や人気のキャラクターをテーマにしてスタイルの振り袖など、ここ最近の振り袖は自由自在です。色合いもカラフルで、ピンクからシャイにーイエローまでさまざまです。エレガントなデザインから派手なデザインまで、バリエーションは恐らく無限大です。
袖の長い和服を振り袖と言います。簡単な解説ですが、最も目立つポイントは当然袖の長さに現れます。一般の和装にある袖口の個所が、長方形に地面の方向へ伸びているのです。その長い袖を振りながら移動するため、振り袖と言うのです。今は未婚の女の人が成人式の当日に着る正装となっているのです。

基本的に振袖も和服の1つですが、振袖を高齢の人が着用することがないというところが一番の相違点です。ほとんど若い人にしか振袖はしっくりこない衣装で、結婚していない女性でも中高年の人が振袖を身に付けると大分恥ずかしいことになると思われます。着ることに対して年齢制限があるのが振袖ではないでしょうか?
最近のポリエステル素材は本物のシルクと見た目がほとんど変わりありません。そのため振り袖にもポリエステル素材が上手に使われるようになってきました。レンタル商品でも買取でもそうとう値段が抑えられます。経済的に都合したい場合はポリエステルの振り袖をチョイスするといいです。
ヘアスタイルまで考慮すると、振り袖の着用は1人では不可能に近いと言えます。近所のサロンが着付けを代行してくれるので、料金は必要ですが、この際なのでお願いをする方がいいです。自分で覚えたい場合には、着付の教室に通うなりして年単位の期間をかねながら習得しましょう。

大方の女性は成人式でしか振袖を身に付けないかもしれないのですが、ウエディングパーティに振袖を身に付けて行く人もいなくはありません。着物を着ると精神的にもシャキッとするし、男子から見てみるとかなり美人に見えることになるので、面倒くさくない女性で振袖を持っている人は一度披露宴などで利用してみるといいのです。
花魁のように振袖を成人式の中で着用する人が多くなっていますが、この件については多種多様な見解が寄せられているのです。肩をさらけ出して振袖を着るのは昔の人達からみれば考えられないことなのですが、今の時代の人達にとってはファッションとなっていて、一概にどっちの方がいいかは決められないことだと思います。